Ubuntuで間違えてsudoできなくしちゃった・・・

今朝Ubuntuで作業してるときに管理ユーザーに対して

mitto@ubuntu $sudo usermod -G hoge mitto

的なことをしちゃって
そのあとsudo使おうとしたら「使えないよ!」って怒られて慌ててました・・・

Ubuntuさんはどうやらadminというグループで管理者権限を管理しているらしく
さっきのコマンドを打つとhogeグループにしか所属しなくなるので
必然的にsudoが使えなくなるという事態に陥ってしまったみたいです。
もしほかにグループを追加したいときは次のように

mitto@ubuntu $sudo usermod -G admin,hoge mitto

adminと追加したいグループをカンマ区切って羅列しなきゃだめみたいです。

それで、とりあえずシングルユーザーモードでログインしようとして
どうやるのかなぁと思って調べたら、
起動時のGrubに出てくるでrecovery modeを選べばいいよっていうのをみて
早速再起動してリカバリーモードへ

そのままrootのシェルに入ってさっきのコマンドを打つと
ファイルシステムは読み込み専用ですって言うエラーメッセージが・・・
それでシェルに入る前に表示されるメニューをよく見たら
書き込みできるように切り替えるメニューもちゃんとありました

なので、ファイルシステムに書き込めるようにしてから

root@ubuntu #usermod -G admin mitto

をやってあげると無事復活できました。

参考元:
ユーザをグループに追加するとき、やってはいけないこと – satake7’s memo
Debianのシングルユーザモードとrootパスワードの関係! – kozupon.com
Ubuntu Tips/その他/リカバリーモードを使うには – Ubuntu Japanese Team
【Ubuntu 11.04】パスワードに関して:パスワードを忘れた場合の対処、sudo をパスワード無しにする、パスワードの生成について – なんでもかんでもコンピュータ

結論:コマンドをちゃんと調べて使い方を覚えましょう

コメント