Android4.0でL2TP/IPSec接続しようとしたら・・・

土曜日に友人のサーバー構築手伝ってたんですが、
L2TP/IPSec環境作ってREGZA Tabletから接続できるようにと思っていたのに
下のようなログがはき出されてうまく接続できなかった・・・

byte 7 of ISAKMP NAT-OA Payload must be zero, but is not

なんでうまくいかないんだろうと調べたら以下のような記事を発見・・・

Android4.0にL2TP-IPSecで接続できないバグ – export LIFE=HAPPY

ぐぬぬ・・・

Androidさん4.0から良い子になったなぁと思ってたのに・・・
そこそこVPNのニーズはあると思うから
早く修正して欲しいですね・・・

ではでは~

[11/10 追記]
そういやAndroid4.1でたなぁと思って調べてみたら、
無事動くようになったようです(`・ω・´)

とはいいつつも4.0.x系では未だ解消されておらず
4.1搭載なんて普及前なのに・・・

Android・・・

Breaking news! pptp & l2tp works on android 4.1 jelly bean

CentOS6.2のKVM環境でvirt-managerがエラーを吐いてうまく動作しない

ほぼタイトルの通りですが
Gnomeのアプリケーションメニューから
仮想マシンマネージャーを起動すると
以下の画像のようにエラーが出て

仮想マシンにアクセスできなくなってぐぬぬ・・・
ってなってしまったので対処したメモ

参考にしたのは以下のサイト

CentOS6.0やScientific Linux6.0以降で、virt-managerが正常に動作しない時の解決法 – 研究記録

libvirtdのサービスは動いてることが確認できてるので
上記のページの下の方に書いてあった

	/usr/share/polkit-1/actions/org.libvirt.unix.policy
	

をvimとかで開いて

	<allow_any>no</allow_any>
	<allow_inactive>no</allow_inactive>

	<allow_any>auth_admin</allow_any>
	<allow_inactive>auth_admin</allow_inactive>

に書き換えてあげると

こんな感じにすんなりroot認証が出てきて解決できました。

KVM使い始めたばっかりでわからないことだらけ・・・><
ではでは~