known_hostsに登録されたホストキーを変更する

Virtualboxなんかで仮想マシン作っては捨て、作っては捨て
なんてことをちょこちょこしてるとゲスト側に振られたIPがかぶって

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the RSA key sent by the remote host is
zz:zz:zz:zz:zz:zz:zz:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in /Users/mitto/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending RSA key in /Users/mitto/.ssh/known_hosts:9
RSA host key for hosting has changed and you have requested strict checking.
Host key verification failed.

みたいに怒られることがしょっちゅうあるのですが
毎回毎回known_hostsファイルを手動で編集してました(´・ω・`)

あんまりよくないなぁと思いつつ
いい加減やめようと思って調べたのでメモ

ホストがknown_hostsに登録されているかを調べるには

ssh-keygen -F [ホスト名 or IPアドレス]

known_hostsに登録されたホストキーを削除するときは

ssh-keygen -R [ホスト名 or IPアドレス]

とssh-keygenコマンド使ってあげるだけでした><

鍵の生成ぐらいでしか使ったことなかったので
お勉強になりました

参考にさせていただいたサイト:

Ubuntuで間違えてsudoできなくしちゃった・・・

今朝Ubuntuで作業してるときに管理ユーザーに対して

mitto@ubuntu $sudo usermod -G hoge mitto

的なことをしちゃって
そのあとsudo使おうとしたら「使えないよ!」って怒られて慌ててました・・・

Ubuntuさんはどうやらadminというグループで管理者権限を管理しているらしく
さっきのコマンドを打つとhogeグループにしか所属しなくなるので
必然的にsudoが使えなくなるという事態に陥ってしまったみたいです。
もしほかにグループを追加したいときは次のように

mitto@ubuntu $sudo usermod -G admin,hoge mitto

adminと追加したいグループをカンマ区切って羅列しなきゃだめみたいです。

それで、とりあえずシングルユーザーモードでログインしようとして
どうやるのかなぁと思って調べたら、
起動時のGrubに出てくるでrecovery modeを選べばいいよっていうのをみて
早速再起動してリカバリーモードへ

そのままrootのシェルに入ってさっきのコマンドを打つと
ファイルシステムは読み込み専用ですって言うエラーメッセージが・・・
それでシェルに入る前に表示されるメニューをよく見たら
書き込みできるように切り替えるメニューもちゃんとありました

なので、ファイルシステムに書き込めるようにしてから

root@ubuntu #usermod -G admin mitto

をやってあげると無事復活できました。

参考元:
ユーザをグループに追加するとき、やってはいけないこと – satake7’s memo
Debianのシングルユーザモードとrootパスワードの関係! – kozupon.com
Ubuntu Tips/その他/リカバリーモードを使うには – Ubuntu Japanese Team
【Ubuntu 11.04】パスワードに関して:パスワードを忘れた場合の対処、sudo をパスワード無しにする、パスワードの生成について – なんでもかんでもコンピュータ

結論:コマンドをちゃんと調べて使い方を覚えましょう