BDZ-FT3000 を購入して数ヶ月経ったのでまとめていく その2 要件整理

今日は結局振替休暇を取ることにしたので
片付けとか頑張るぞ〜って思ってたんですが
床屋さん行くついでに自転車乗ってぐるっとしてたら
あっという間に1日が過ぎ去っちゃいました・・w

やっぱり顔そりしてもらえるのは気持ちいいんですよねぇ
お肌つるつるになってさっぱりしましたw

ただ、気持ちの良いことばかりじゃなく
危うく交通事故になるような
ヒヤッとする目に何度もあったので
すごく怖くて肝を冷やしました。。

こちらがいくら気をつけてても
他の人から事故に繋がる原因がやってくるのは
防ぎきれないので更に気を引き締めたいなぁと思ったり・・

前置きが長くなっちゃいましたが
昨日の記事の続きを書いて行こうと思います。


昨日は以前書いた購入したよ記事から購入に至るまでの間で
批評記事しか書いてないように見えたけど色々起きてたし、
BDZ-ET2000 を買い足してたんだよって言う話を書きました。

今日は購入にあたって自分の中で整理した要件まわりなどについて
書こうと思います。

購入要件整理の前に・・

まず始めにですが、すでに3チューナーのレコーダーを
3台運用しているところから透けて見えるように
かなりの録画ヘビーユーザーです。

配信の時代に逆行しているよう見えると思いますが
この辺も追々書きたいなぁと思ってます。

話を戻して・・・
今回は外付けHDDの登録上限に達してしまった
BS/CS向けのレコーダーを再生専用に移行するのが一番大きな目的で、
下記現行構成から

  • BDZ-ET2000 (地デジ・BS無料放送アニメ)
  • BDZ-ET2200 (地デジその他ジャンル全般)
  • BDZ-ET1000 (BS/CS全般録画:外付けHDD登録数上限到達)

次のように構成を変更するために要件を整理します

  • BDZ-FT3000 (地デジ・BS無料放送アニメ)
  • BDZ-ET2200 (地デジその他ジャンル全般)
  • BDZ-ET2000 (BS/CS 全般録画)
  • BDZ-ET1000 (録りためた番組の視聴とBD焼き専用化)

こんな感じですね・・w(色々と自覚はありますのでご容赦を・・w

要件を整理

前述の構成変更を前提にその他要件を箇条書きで書き出そうと思います

  • 大量のコンテンツを捌くために倍速再生は必須かつ快適に見られること
  • 保存のためにBDを焼くので容量調整などのための編集が楽に出来、焼き込みまで楽に出来ること
  • ネット経由で予約が出来ることは必須、レコーダーからの配信や持ち出しはできたらでいい
  • HDD容量は3TB以上(Sonyで言うSRモード(AVC8M)で1クールまるごと再放送含めてアニメ番組録画すると2TBはギリギリ足りなくて余裕がないため)
  • チューナー数は3を基本とする
  • 全般的な操作性が快適であること
  • 価格は10万以内で
  • SeeQVault対応であること
  • 4Kチューナーまわりは今回は見送る

ざっと書くとこんな感じですね

整理して書いてみると色々あるもんです・・w
まぁ、これは3台運用する中で見えたことや
録画スタイルが固まっているから出てくるところでもあるので
「どうしたらいいんだろう・・」って悩み中の人の
参考になるような選び方も書けたら良いなぁ・・

とりあえずは要件の整理だけで良い感じの文量になったので
今回はこんな所までで

次回はようやく下調べしたときのことをまとめられたらなぁと思います

ではでは〜

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください